花粉症・ハウスダスト・鼻づまりなどでお悩みの方に!【だぼぅ】花粉・ホコリ・雑菌をキレイに洗...
花粉アレルギーに効果のある、小青竜湯の粒です。『クラシエ ベルエムピS 小青竜湯エキス錠 8...

花粉症予防

花粉症に好かれる?



同じ環境の中にいても花粉症にかかりやすい人、かかりにくい人がいます。ではどうしてこういう違いが出てくるのでしょうか?

本人の体質にもよると思いますが、アレルギー性の皮膚炎やぜんそくなどを起こしたことがある人は身体にアレルギー反応が出やすい体質であると思われます。ですから、花粉症のようなアレルギー反応も起こしやすいのではないかと思います。

またアレルギー体質というのは遺伝するケースも多いみたいで、家族の中にアレルギーをもっているひとがいる場合は、子供にもアレルギーの体質が遺伝するという場合も多いようです。

花粉症に限らずアレルギー症状に悩んでいる人は人口の15%ほどいるのではないかとされています。人数で出してみたら日本だけで1500万〜1800万人はアレルギー症状がある人って考えるとすごい数ですよね。

花粉症になる確率というのは年代とか地域によっても違うとされています。
年代から見てみると、30代以下の人に花粉症の人というのが多く見られていて、加齢になるにつれて抗体が少なくなるからか花粉症になる人が少なくなってくるようです。

また、地域による差ですが田舎より都市の方に花粉症になる人が多いという結果が出ています。これは田舎では花粉がまっても土に還ってしまうのでいいのですが、都市はアスファルトやコンクリートなど還る場所がないので、空気中にまってしまうために花粉症にかかってしまう可能性が高くなるということなのです。

花粉症予防

花粉症の治療で使われる薬



花粉症と言うのはアレルギー性の疾患です。アレルギーと言うのは劇的に短期間で完治すると言うことが極めて難しいです。しかし、薬などを使って症状を緩和させることは可能です。短期間での効果を期待せずに気長に徐々に治していくことを考えてみてはいかがでしょうか?

下記に花粉症の対策としての薬に関する説明を少ししてみたいと思いますので参考にしてみてください。

【内服薬】
花粉症用の薬で内服薬があります。これにはヒスタミンという花粉症の症状を緩和させる成分が入っています。内服すると目・鼻・のどなどの症状について緩和させる効果があります。

【目薬】
花粉症用の目薬と言うのがありますが、これは花粉症の症状である目のかゆみなどに効果があるものです。また充血も緩和させる効果があります。

【点鼻薬】
点鼻薬は鼻に関する花粉症の症状を緩和させる効果があります。利点としては内服薬と違って眠くなると言うことが少ないということが挙げられます。

花粉症については症状が出てくる前に予防策としてアレルギー薬を用いる場合があります。大体症状が出てくる2週間?1ヶ月前ほどから対策をしておくことで症状を緩和させることが可能となりますので是非試してみてください。これによって本格的な花粉症シーズンを少し楽に過ごすことができるようになります。

しかし、何事においても自分の判断だけで行動せず、医師の診断を受けた上で対策をするようにすることをお勧めします。


花粉症予防

花粉症になる人が増えている理由


年々花粉症の人が増えているような気がします。これはいったいどういう事なのでしょうか?

【花粉の大量増加】
昔のことになりますが昭和30年代に杉の木を大量に植林されている時期がありました。現在は樹齢30年を越えていて花粉も多く付けるようになりました。しかし、使われるはずの杉の木は現在では価値が下がってしまったのか売れなくなり、木だけが手付かずで残ってしまったという現実があり、この残ってしまった木から花粉が大量に飛び散っているということが原因ではないかと思います。

【体質の変化】
昔の家と違って今の住宅と言うのは機密性が高くなったために、アレルギー体質になる原因のダニ・ハウスダストなどが増加してしまったことが原因ではないかと思います。

【道路の変化】
昔は花粉が落ちるのは土の上だったために、土の中に入ってしまっていましたが、現在では舗装された道路が多いために、消えることなく道路上に残ってしまっていることが原因ではないかと思います。

それでは、風邪の症状と花粉症の症状を見分けるには何で判断したらいいと思いますか?それは治る速度の違いから判断するのが一つ上げられます。風邪と言うのは通常1週間程度で治ってしまう場合が多いのですが、花粉症は花粉が飛び散っている期間中ずっと症状が出ています。

また、鼻水はサラッとしていたら花粉症、ねとっとしていたら風邪など、こういう判断の仕方もあります。
どちらにしても、風邪かな?花粉症かな?と思ったら病院に行って診断してもらうことをお勧めします。

タグ:花粉症 鼻水

花粉症予防

花粉症とは?



花粉症の時期になると、「私花粉症だから辛いの」とか言う話を耳にするとは思いますが、花粉症と言うのはいったいどういう病気なのでしょうか?花粉症と言うのはアレルギー性の病気の一つで、スギを代表とする植物の花粉が体内に入って目や鼻などの粘膜に付着することによって引き起こされる症状のことを指しています。花粉症の症状が出る仕組みとしては、身体の中に花粉が入ってくると、身体の中にあるセンサーの役割をしている抗体が花粉をキャッチします。その花粉をキャッチしたよという情報を細胞が受け、ヒスタミンなどを放出します。これがアレルギー反応ということになります。

花粉症は誰でもなる可能性がありますが、主に食生活や住環境などが要因となることが多いようです。また遺伝的な体質も関係することもあります。

それでは花粉症の症状には様々なものがありますが、以下にどういう症状があるか少しご紹介してみたいと思います。

【症状】
鼻水がぐずぐずして止まらない
常時鼻づまり状態で、すっきりしない
目がかゆくて仕方が無い
のどがいがらっぽい(またはかゆくて仕方ない)
全身かゆくなる
くしゃみが止まらない
ボーっとして集中力が低下する
身体がだるい
精神的にイライラしてしまう

花粉症の症状というのは同じ条件の環境であってもみんながみんな出るわけではありません。体質にもよるとは思うのですがアレルギー反応が過剰に出てしまう過敏な体質の人に出やすいのではないかと思います。


花粉症予防

花粉症と車の運転



花粉症の薬を病院から処方してもらうときに、「車の運転はしないでください」と言われた経験は無いでしょうか?
花粉症と車の運転というのは実に危ない影響がありまして、花粉症の症状である、鼻のぐずぐずや目のかゆみなどが出ているときに車の運転などをして集中力などが切れてしまい、運転自体に悪影響が出るといった統計などが出ています。

また、花粉症の症状を抑えようと処方してもらった薬を服用した場合ですが、眠くなるなどの副作用が出るために、やっぱり運転に影響が出る人は多いようです。

花粉症で処方される薬の中に抗ヒスタミン薬がありますが、この中には「鎮静性」の薬と「非鎮静性」の薬と2種類の薬が大きく分けてあるようです。
この「鎮静性」の抗ヒスタミン薬の効能としては鼻水や鼻づまりを抑えてくれるという効果があります。これは、症状を引き起こしている原因の「ヒスタミン」という成分を薬でブロックしてしまうということなのである。これで脳内にあるヒスタミンがブロックされることで、症状自体は治まるのですが眠気が来てしまうという副作用があるということになります。

また、インペアード・パフォーマンスというものがあるようで、この薬を使うことで眠気が起きるときに、自覚してないうちに眠気が起きてしまうというケースのことをさしています。

こういった症状が起きてしまう以上、花粉症の薬を服用する際には車の運転は自身の身を危険にさらしてしまう結果になる可能性がありますので、事前によくお医者様と相談をしてから服用されることをお勧めします。


花粉症予防

花粉症の症状が出てから対策しても遅い?



花粉症の人の中で何らかの対策を行っている人は多いと思います。

【対策例】
・医者から処方された薬の摂取
・花粉症対策用の市販されている薬
・サプリメントの摂取(漢方薬でも可)
・お茶など花粉症に効果がある食べ物の摂取
・うがい

しかし、こういった花粉症対策とはいったいいつ頃からスタートさせればいいのでしょうか?

だいたいの人は春先、花粉症の症状が出たあとで対策を始める人が多いでしょうしかしそれでは遅いのです!理想をいえば年間通して対策をしてほしいのですが、できれば夏頃から初めていただきたいのです。

花粉症になるかならないかの人って「自分は決して花粉症ではない!風邪引いただけだ」とか言って自分が花粉症であることを認めたがらないですよね。
その変なこだわりが処置を遅らせてしまう結果になってしまうのです。

花粉症の対策は早ければ早いほど効果があるもので、症状が出てしまったあとでは花粉がすでに体に入ってしまっている状態なので花粉が邪魔をしてしまい、薬の効きも悪くなってしまったり、症状が一時的に悪化してしまったりという可能性もあります。

こういう状態にならない為にも、去年少しでも花粉の症状っぽいものがあったなって言う人は、症状が出始める寒い時期に医者にかかったり、風がある日はマスクをしたりなど先手を打つようにしましょう。

また、サプリメントなどで体質改善がてら花粉症対策をしている方は年間通して続けて摂取していくようにした方がより予防になると思いますよ。



花粉症予防

花粉症になると



花粉症が発生する時期と言うのは、日差しも暖かくて、外に気持ちよく出掛けたいとか思い、気分的にも明るくなる季節です。

しかし、近年花粉症になる人が増加しているため、春を春らしく感じられず、むしろ辛いと感じる人が多くなってきました。

花粉症と言うのはスギの木に代表されるように、花粉が目や鼻の粘膜にくっついてしまい、くしゃみや鼻水、鼻づまり、のどや目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす症状のことを指します。
また花粉症の症状がひどくなると呼吸困難を引き起こす場合もあるようです。

さらに目のかゆみがある人はコンタクトによるトラブルなども発生させる場合もあるようです。

現在日本の花粉症の増加率はすごいもので、人口の15%ほどいた花粉症の人がたった2?3年で人口の20%を超える勢いになってきているようです。

今は花粉症の代表的なものとしたらスギ花粉ですが、イネ科の花粉、ブタクサの花粉と季節によって種類も変わり発生してきますが、ほぼ1年中なにかしらの花粉が飛んでいることになると思います。

それに花粉は季節だけでなく地域によっても散布されている花粉が違いますので花粉症になる人にも地域差が出てきます。

花粉症に一度なってしまうと治らないとさえ言われてある花粉症!そう聞くとホントがっかりしてしまいますが花粉症に一度なってしまった人が翌年も花粉症の症状に苦しんでいる人の割合が多いのです。
それだけ増え続けている花粉症!どうにか改善策はないものなのでしょうかね。

花粉症予防

花粉症に効果があるツボ



花粉症の予防・対策としてツボを刺激する方法があることを知っていますか?

まぁツボを押したからと言って花粉症が完治することはありませんが、症状を緩和させたり改善させたりすることが可能です。一時的なものでも不快感が取り除かれる効果があるのならツボ療法をやってみてもいいとは思いませんか?

ではどんな症状の時に効果があるのでしょうか?下記にご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

【印堂】
いんどうと読みます。
場所は顔の眉間にあります。
どんな症状に効果があるかと言うと、鼻の詰まりをよくしたり、どうしようもない目のかゆみを緩和させたりする効果が期待できます。
ツボの押し方ですが、親指を印堂に押し当てた状態で皮膚は動かさないでぐりぐりと円を描くように20?30回ほど回します。

【迎香】
げいこうと読みます。
場所は両小鼻のすぐ脇にあります。
どんな症状に効果があるかと言うと、鼻づまり解消が期待できます。
ツボの押し方ですが、中指をツボに押し当てた状態で皮膚は動かさないでぐりぐりと円を描くように20?30回ほど回します。

【合谷】
ごうこくと読みます。
場所は人差し指の骨の中間の骨の脇のところにあります。
どんな症状に効果があるかと言うと、目のかゆみが軽減される効果が期待できます。また花粉症の他に生理痛や風邪、頭痛など様々な症状の緩和に効果があります。
ツボの押し方ですが、親指と人差し指の間をあけ、逆側の親指と人差し指とで挟み込むように押します。
痛みが感じるくらいがちょうどよいでしょう。



タグ:ツボ 花粉症

花粉症予防

掃除での花粉症対策



花粉が発生する時期になると掃除もしっかりしなくてはいけないとは思いつつも、窓を締め切っているから普段どおりの掃除方法で大丈夫!って思っている方はたくさんいると思います。

花粉を甘く見てはいけません!花粉はとても小さなもので、わずかな隙間からでも家の中に入り込んできてしまいます。

また外から帰ってくる人が服や髪の毛にくっつけた状態で家の中に持ち込んでしまうケースも多々あります。

しかし、家の中の空気の入れ換えなどしないとなると、空気がよどんでしまったり、カビやダニが発生してしまったりして最終的にアレルギーの原因となってしまうことになってしまってはもともこもありません。

花粉の時期はあらゆるところで気配りが必要になります。例えば窓を開けて換気する場合はカーテンを締め切るなどすれば家の中に入ってくる花粉も半分くらいになりますよね。

でも一番いいのは掃除をしっかりすることになるのです。

花粉の時期はフローリングの場合は毎日しっかり濡れ雑巾で拭くことが大切ですし、カーペットの場合はフローリングより花粉がくっついてしまう量が多いので、掃除機を念入りにかける必要があります。
それに家具などの上にもほこりと一緒に花粉が落ちていますので拭き取るようにしましょう。

またお子さまがいるおうちでは床に花粉があれば子供が吸い込んでしまい、アレルギーの原因となってしまいます。

毎日拭き掃除などは面倒だとは思いますが、毎日の積み重ねが大事だと思いますのでぜひ掃除をしっかりするようにしましょう。

花粉症予防

外出するときの花粉症対策



花粉症になってしまうと、花粉が飛び散っている時期に外出することほど苦痛な事はないと思います。出来れば家で引きこもっていたいですよね。そうすれば花粉に悩まされることも無く快適に生活が出来ると思います。

しかし、花粉の時期に一歩も外に出ないということはできませんよね。外出するときには花粉に対する対策をしてから出かけるようにすれば症状は最小限で済むかもしれません。

対策として大切なものはマスクです。それも普通のマスクではなくて花粉症用の鼻と肌の隙間がなくてぴったり密着するようなマスクがいいと思います。

マスクの他に対策用としてのグッズはメガネです。普通のメガネだと隙間から花粉が入ってきてしまうのであまり意味が無いので、ゴーグルみたいな隙間が無いようなメガネにすればいいと思います。

また、花粉と言うのは色々なところに付着します。洋服や髪の毛なども例外ではありません。洋服はニットなどを着ていると毛糸の隙間と隙間に花粉がくっついてしまいます家に入るときにいくら払っても払いきれるものではありません。できれば、ナイロン地の洋服などツルツルしたものを着るようにすればいいと思います。

髪の毛もかなり花粉がついてしまうと思いますので、出来れば帽子をかぶるなどの対策をするのがいいと思います。

以上のような状況をすべて実行した場合、見た目ちょっと怪しい人になりますよね。見た目重視するか症状軽減を重視するかその時々で判断すればいいとは思いますが、花粉症の対策をするということは結構大変なことなんだと言う認識を持っているようにしましょう。

花粉症予防

花粉症対策にマスク!



花粉症の時期になると、街中でマスクをしている人を多くみかけます。花粉症の人にとってはあの辛い症状を少しでも軽減させようとマスクをつける人が多いようです。会社の中でもよく見かけますしね。

花粉症の対策用の商品と言うのは本当に色々出ていますよね。その中でも断トツで売れているのが「マスク」です。その中でも花粉症の人用のマスクで花粉防止機能がついているマスク(使い捨て)が一番の売れ筋商品だそうです。
マスクをしていると、中がこもって息苦しいというイメージがありますが、メントールのカプセルが入っているもの、アロマの香りが香るものなど精神的に落ち着くような工夫もされているマスクも打っているようです。

マスクの他に人気がある花粉症対策用グッズとしては、鼻洗浄スプレー・目薬・メガネなどたくさんあります。

しかし、花粉症を対策するためのグッズを購入するにはお金がかかりますよね。マスクなど手軽に手に入れられるものだったらいいのですが、高いものだと鼻洗浄機などを購入する人などもいるようです。また病院などに行き、薬や注射をする人もいます。これが重なってくるとかなりの金額がかかってきますよね。この一人ひとりの金額を花粉症の元となる木を切ってしまうお金に変えてしまえばいいのに・・・。とか安易なことを考えたりします(実際にはできませんが・・・)。

自分に合った花粉症対策用グッズを購入して、花粉症の症状が軽減されるようにしたいものですね。

花粉症予防

花粉症の時期に起こる主婦の悩みとは?



花粉症の時期になって主婦の方たちが困ってしまうという事があります。何だと思いますか?それは、洗濯物の事です。まぁ困っているのは主婦の人だけではないとは思いますが、洗濯物を花粉症の時期に外に干してしまうとせっかく洗った洗濯物に花粉がべったりついてしまったりします。

これを回避するためには、室内干しをするのが一番いいとは思うのですが、この時期湿度が多い日も多いと思います。部屋に干してしまうとカビが発生してしまったり、嫌なにおいが洗濯物についてしまったりとデメリットも多くなってきます。

また、部屋の中に洗濯物を干しているとなんとなく見栄えも悪くて、嫌な気分になりますよね。
補足ですが洗濯物のにおいを緩和させるには洗濯のすすぎのときに、アロマオイルを1〜2滴たらしてみると匂いが緩和されると思いますので是非試してみてくださいね。

しかし、部屋の中に干せずにどうしても外に干さなければ無理!と言う人もいるはずです。その場合ですが、洗濯物を取り込むときに充分に花粉を払い落としてから家の中に取り込むようにすれば大丈夫だと思います。さらに最近では花粉ガードスプレーというようなものも市販されていますので使ってみてはいかがでしょうか?

洗濯物を室内に干す場合ですが、できれば除湿機(最近では洗濯乾燥機能付きのものもあります。)を置いた部屋に干していただければ、カビも発生しにくくなるし匂いもつきにくくなると思いますのでいいと思います。


花粉症予防

花粉症の予防として使う注射


花粉症の季節になってくると、鼻や目がむずむずしたりするのを抑えるためにお医者様から処方してもらった薬を朝晩、毎日飲んでいると言う方が多いと思います。しかし、実際には飲み忘れてしまう事が多かったり、薬が切れてしまっても病院に行くのが面倒でしばらく薬なしの生活になってしまったりといった状況になってしまう方も少なくないと思います。

そう行った状況になってしまうのが多い人の場合は、薬を処方してもらうより花粉症を予防するための注射を打ってもらったほうがいいのではないかと考える人も多いと思います。

そういった注射ですが、種類が何種類かあって花粉症に効果があると言うことも報告されているようです。注射の種類ですが以下のようなものがあると言われています。
・減感作療法
・免疫療法(皮内注射)
・ヒスタミン添加免疫グロブリン(筋肉内注射)
・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)
・副腎皮質ホルモン(筋肉内注射)
です。

この中でも最も効果があるとされているのは筋肉注射である副腎皮質ホルモンという注射です。

しかし、副作用の問題とかがあるために、注射のほかに花粉症を予防するための治療と言うのがたくさんあるため、注射を行うことはあまりないようなのです。

それに効果も1ヶ月ほどしか持続しないようです。しかし毎日薬を飲むことに比べたら断然楽ですよね。
文章だけで見てみるとものすごく便利な予防法に見えますが、副作用や他の病気との兼ね合いからもすぐに手を出さないほうがいいというのが正直なところのようです。

でも、是非やってみてもらいたいという人は医師の診断を受けたうえでやったほうがいいのではないかと思います。

花粉症予防

花粉症対策に体質改善を!



花粉症って突然発症したりしますよね。今までは花粉が舞い散る季節になってもなんの関係も無くすごしていたのに、今年に限ってなんか鼻がムズムズしたり、目がかゆかったり、くしゃみが出たり・・・。気づいたら花粉症になっていた!という人って結構いると思います。

なぜ、何もしてないのに突然花粉症になったりしてしまうのでしょうか?

たぶん、体質というのが大いに関係しているのではないかと思います。抵抗力がなかったり、食生活が偏食だったり、疲れやすかったりというような体質の人は花粉症になりやすいという傾向があります。これを元にすると、こういった体質を改善していくことが花粉症の予防、改善に繋がっていくのではないかと思います。

身体に抵抗力をつけると言うことは、花粉症の改善だけでなく自律神経のバランスもよくなったりして精神的に安定してきたりします。体質が改善されると、身体の中の免疫力も正常になってくるため、花粉などのアレルギー物質に過剰反応しない身体になってきます。

このためには、バランスが良い食生活、規則正しい生活を実践していき、バランスが良い身体つくりをしていくことが重要となります。

健康な身体というのは、花粉だけでなく病気も寄り付かないようにしてくれます。しかし、体質改善も自己流で行って間違った方向に行くと逆効果になる場合もありますので、専門医に見せた上で自分にあった体質改善方法を見つけるようにすることをおすすめします。

花粉症予防

花粉症対策を食事からしよう!



花粉症というのはアレルギー症状が身体にでている状態です。この症状を改善するためにはまずアレルギーの症状が出ないような抵抗力がある身体を作ることが大切なことだと思います。

それでは、抵抗力がある身体を作るにはどうしたらいいのでしょうか?身体を作るために必要な最も基礎的なものは食事です。これを機会に食生活を見直すことから初めてみませんか?

食事と言うのはバランスよく、規則正しい時間に取ることが大切です。食生活のバランスの理想は一日30品目以上摂取することです。30品目が無理でも出来るだけ多くの品目を摂取するように心がけることが大切です。
また、体内の消化活動が毎日規則正しく動くように、決まった時間に食事をとることが理想的です。

日本人には日本人にあった食事があります。出来るだけ和食を食べたほうがいいと思います。食品添加物が多く含まれているインスタント食品などは避けるようにしたほうがいいですし、甘いもの、辛いもの、冷たいもの、アルコールなども控えたほうがいいと思います。

また、肉・卵・乳製品などを摂取しすぎると花粉症になる確率が高くなると言われていますのでなるべくなら適度な摂取を心がけるようにしてください。

花粉症に効果がある食事でお勧めのものは、身体が温まるような食事です。
穀類や、豆類、芋類など、また調味料は自然のもの、砂糖などは蜂蜜など、昔から日本人が摂取してきたような食材を摂取するのがいいと思います。

花粉症予防

花粉症による鼻対策



花粉症の時期になると鼻水が出て止まらなかったり、鼻がむずむずして仕方なかったり、鼻をかんでもすっきりしなくて常時鼻づまり状態になってしまったりすると思います。そんな状態が続くとイライラしてしまうし、精神的にも落ち着かなくなったりしてすごく辛いものだと思います。

花粉症の症状が鼻に来ている人が通常行っている対策法としたら、花粉症専用の鼻スプレーを使ったり、病院から点鼻薬という薬を処方してもらって使ったりしているのが一般的だと思います。

しかし、病院から処方される薬と言うのは花粉症に限らず量が決まっていますので短期間でなくなってしまいますので、何度も病院にいかなくてはなりません。鼻スプレーも薬局などでその都度買いに行かなくてはならないので面倒ですよね。

そこで、お家にあるものだけで手軽にお金をかけずに実行できる方法があります。「鼻うがい」という方法です。
下記にやり方をご紹介しますので実践してみてください。

【鼻うがいのやり方:初めての人】
1.コップにぬるま湯を入れて、塩をひとつまみ入れよく溶かします。
2.鼻を片方手で抑え、逆側の鼻から先ほど作った塩水を吸い込みます。
3.力を入れず自然に鼻から塩水が流れ落ちるようにします。
4.上記1〜3を1〜2回繰り返し逆側の鼻も同じように行います。
5.最後に鼻をかみます。

【鼻うがいのやり方:慣れた人】
1.初めての人で紹介した1〜2を行います。
2.鼻から吸い込んだ水を口の中へ流し込むようにします。この時顔を上に上げて吸い込むと口の中に入るようになります。
3.そのまま口から塩水を出します。
4.上記1〜3を2〜3回繰り返し逆側の鼻も同じように行います。
5.最後に鼻をかみます。

以上、簡単ですよね。鼻うがいは痛くないし、やった後の爽快感がたまらないと思いますので是非試してみてくださいね。





花粉症予防

トマトで花粉症対策



花粉症を対策する商品には実に様々なものがでています。その中のひとつに「トマト」を使った商品が出ているのを知っていますか?
主にサプリメントやドリンク剤として売っているのですが、この中にはトマトケチャップやトマトジュースなどを作るのに多く使われている品種の皮に主に多く含まれている成分の「ナリンゲニンカルコン」というポリフェノールの一種の成分が含まれています。

通常この商品がお店にあったら「トマトは花粉症に効く」って思って生のトマトを毎日のように食べればいいんだって思う人がいると思います。
上記のようにトマトジュースなどを作るのに主に使われているトマトの品種の皮に含まれている成分というのが、生のトマトにはほとんど含まれていないのです。ですから毎日トマトを食べたとしても花粉症対策には効果がほとんど無いということになりますので、認識しておいたほうがいいと思います。

また、ごく稀にですが口腔アレルギー症候群という病気になる人がいます。この病気の症状には個人差がありますが、その人にとっての特定の果物や野菜などを食べたときに、口の中やのどにかゆみがでたり、腫れてしまったりなどの違和感が出てしまうと言うアレルギー症状です。

このアレルギーによる症状は上記の症状だけではなく、ひどい場合は呼吸困難やショック状態などの症状を引き起こすこともあります。一般的に多くこの症状が出てしまう食べ物としてはトマトやメロン、キウイなどがあり、実に様々にあります。

ですから、花粉の時期にトマトを摂取するのならば生よりはトマトジュースなどを飲んだほうが手軽に飲めるしいいと思います。

花粉症予防

お茶を使って花粉症対策をしよう!


甜茶を代表するように花粉症に効果があるお茶と言うのが様々でていますよね。確かに甜茶には花粉症の症状を緩和させてくれる効果がありますが、すべての種類の甜茶が効果を発揮するものではありません。甜茶には種類がたくさんあり、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科、バラ科の4種類に分けられます。このすべての種類が花粉症に効果があるという訳ではなく、タンニン(ポリフェノール)という成分を含んでいるバラ科の甜茶に効果があると言われています。その中でも「「甜葉懸鈎子(かんようけんこうし)」というバラ科のキイチゴ属の物が効果的とされていますので是非一度試してみることをお勧めします。

このように、甜茶を花粉症対策の方法として使用するときにはきちんと成分を確かめて購入するようにしてください。

また、最近では甜茶のほかにも花粉症対策に効果があると言われているお茶がたくさんありますのでご紹介します。

・ウーロン茶
 ウーロン茶の中でも「メチル化カテキン」という成分が含まれている物に効果があります。この成分はアレルギーの緩和作用が強力にあると言われています。代表的な物としては「凍頂烏龍茶」という種類のものがあります。

・べにふうき
 このお茶の成分にはカテキンの一種である通称メチルカテキンと言われている抗アレルギー成分が入っていて、アレルギー症状にとても有効であると言われています。このお茶は渋味が強いと言う特徴があります。今ではペットボトルのお茶で市販されているのでコンビニなどで手軽に購入することができます。

以上、色々あげてみましたが、どれも即効性が期待できるものではありません。長期的に摂取し、徐々に効果が現れるのを待ちましょう。自分に合うお茶を見つけ花粉症対策ができるようにしましょう。

花粉症予防

花粉症対策



日差しが暖かくなってくると、注意しなくてはならないのが「花粉症」ですよね。花粉症の症状と言うのは本当に辛いものです。その辛い花粉症に効果がある対策などを少しご紹介しますので参考にしてみてください。

【天気が良い日・風が吹いている日の外出は控えるようにする】
花粉と言うのは空気中をまっているものです。特に風がある日なんかは多くの花粉が空気中にまってしまいます。専業主婦の方など、家にいる日が多いと言う方で外に買い物などに出かける場合ですが、風がある日や天気がいい日などは外出を控えたほうがいいと思います。

また、外出しなくてはいけない場合はメガネやマスクなど鼻や口・目から花粉が入らないように自己防御するようにする事をお勧めします。

【家の中へ花粉を入れないようにする】
家の中にまで花粉を入れてしまっては元も子もありません。どうしてもという時以外は窓を開けないようにして家の中に花粉が入らないようにしましょう。それでも花粉が入ってしまったら、塗れた雑巾で拭くなど花粉が再度家の中で舞い散らないようにしましょう。更に家の中の空気を換気するときは、天気のいい日の昼間は避け、夜換気するようにすれば花粉が少なくていいと思います。

【家の中で洗濯物を干すようにする】
花粉が多い時期に外に洗濯物を干したり布団を干したりすると花粉がくっついてしまい、家の中に取り込むときに花粉を一緒に入れてしまう事になります。できるだけ外に干さないように中で干したり、布団は乾燥機を使ったりするなど工夫しましょう。また外に干した場合は取り込むときに十分に花粉を払ってから取り込むようにしましょう。

花粉症予防

花粉症の症状

都心部では、早ければ1月頃から、春先にかけて花粉症の症状が出てきますよね。花粉症の症状と言うものは本当に辛い症状です。

花粉症の主な症状には以下のようなものがあります。

【鼻】
急に鼻がむずむずして、くしゃみをしたくなったり、くしゃみをしても立て続けに出て止まらなかったりします。また鼻水(特に水のような水っぱな)が出て常に鼻が詰まっているような状況で、夜も眠れなくなるような感じになってイライラしたりします。

【目】
目の主な症状は、目がどうしようもないくらいかゆくなったり、ゴミがいつでも入っているようにゴロゴロしたり、花粉で涙が出てしまって止まらなくなるとかと言うような症状が出ます。
鼻と目の症状は、だいたい同時に起こる場合が多い症状ですので辛さは倍になりますよね。

【その他】
花粉症の症状と言うのは個人差がありますが、身体にかゆみが出てくる人もいたり、顔や身体がピリピリしたりする場合もあります。また、頭痛がおきたりする人もいます。


このように、花粉症の症状が常時出ている場合は、集中力が低下してしまって仕事などがろくに出来なくなったりしますよね。
また、花粉症の症状は風邪によく似ているために、放っておけば治ると思い込んでいる人もいます。

花粉症はアレルギーの一種です。花粉にはスギ・ヒノキ・ブタクサ・ヨモギなどが主に知られています。花粉症の対策にはきちんとした処置や対応をするようにした方がいいと思います。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。