花粉症・ハウスダスト・鼻づまりなどでお悩みの方に!【だぼぅ】花粉・ホコリ・雑菌をキレイに洗...
花粉アレルギーに効果のある、小青竜湯の粒です。『クラシエ ベルエムピS 小青竜湯エキス錠 8...

花粉症予防

花粉症と車の運転



花粉症の薬を病院から処方してもらうときに、「車の運転はしないでください」と言われた経験は無いでしょうか?
花粉症と車の運転というのは実に危ない影響がありまして、花粉症の症状である、鼻のぐずぐずや目のかゆみなどが出ているときに車の運転などをして集中力などが切れてしまい、運転自体に悪影響が出るといった統計などが出ています。

また、花粉症の症状を抑えようと処方してもらった薬を服用した場合ですが、眠くなるなどの副作用が出るために、やっぱり運転に影響が出る人は多いようです。

花粉症で処方される薬の中に抗ヒスタミン薬がありますが、この中には「鎮静性」の薬と「非鎮静性」の薬と2種類の薬が大きく分けてあるようです。
この「鎮静性」の抗ヒスタミン薬の効能としては鼻水や鼻づまりを抑えてくれるという効果があります。これは、症状を引き起こしている原因の「ヒスタミン」という成分を薬でブロックしてしまうということなのである。これで脳内にあるヒスタミンがブロックされることで、症状自体は治まるのですが眠気が来てしまうという副作用があるということになります。

また、インペアード・パフォーマンスというものがあるようで、この薬を使うことで眠気が起きるときに、自覚してないうちに眠気が起きてしまうというケースのことをさしています。

こういった症状が起きてしまう以上、花粉症の薬を服用する際には車の運転は自身の身を危険にさらしてしまう結果になる可能性がありますので、事前によくお医者様と相談をしてから服用されることをお勧めします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。