花粉症・ハウスダスト・鼻づまりなどでお悩みの方に!【だぼぅ】花粉・ホコリ・雑菌をキレイに洗...
花粉アレルギーに効果のある、小青竜湯の粒です。『クラシエ ベルエムピS 小青竜湯エキス錠 8...

花粉症予防

花粉症の予防として使う注射


花粉症の季節になってくると、鼻や目がむずむずしたりするのを抑えるためにお医者様から処方してもらった薬を朝晩、毎日飲んでいると言う方が多いと思います。しかし、実際には飲み忘れてしまう事が多かったり、薬が切れてしまっても病院に行くのが面倒でしばらく薬なしの生活になってしまったりといった状況になってしまう方も少なくないと思います。

そう行った状況になってしまうのが多い人の場合は、薬を処方してもらうより花粉症を予防するための注射を打ってもらったほうがいいのではないかと考える人も多いと思います。

そういった注射ですが、種類が何種類かあって花粉症に効果があると言うことも報告されているようです。注射の種類ですが以下のようなものがあると言われています。
・減感作療法
・免疫療法(皮内注射)
・ヒスタミン添加免疫グロブリン(筋肉内注射)
・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)
・副腎皮質ホルモン(筋肉内注射)
です。

この中でも最も効果があるとされているのは筋肉注射である副腎皮質ホルモンという注射です。

しかし、副作用の問題とかがあるために、注射のほかに花粉症を予防するための治療と言うのがたくさんあるため、注射を行うことはあまりないようなのです。

それに効果も1ヶ月ほどしか持続しないようです。しかし毎日薬を飲むことに比べたら断然楽ですよね。
文章だけで見てみるとものすごく便利な予防法に見えますが、副作用や他の病気との兼ね合いからもすぐに手を出さないほうがいいというのが正直なところのようです。

でも、是非やってみてもらいたいという人は医師の診断を受けたうえでやったほうがいいのではないかと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91545129
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。