花粉症・ハウスダスト・鼻づまりなどでお悩みの方に!【だぼぅ】花粉・ホコリ・雑菌をキレイに洗...
花粉アレルギーに効果のある、小青竜湯の粒です。『クラシエ ベルエムピS 小青竜湯エキス錠 8...

花粉症予防

花粉症の時期に起こる主婦の悩みとは?



花粉症の時期になって主婦の方たちが困ってしまうという事があります。何だと思いますか?それは、洗濯物の事です。まぁ困っているのは主婦の人だけではないとは思いますが、洗濯物を花粉症の時期に外に干してしまうとせっかく洗った洗濯物に花粉がべったりついてしまったりします。

これを回避するためには、室内干しをするのが一番いいとは思うのですが、この時期湿度が多い日も多いと思います。部屋に干してしまうとカビが発生してしまったり、嫌なにおいが洗濯物についてしまったりとデメリットも多くなってきます。

また、部屋の中に洗濯物を干しているとなんとなく見栄えも悪くて、嫌な気分になりますよね。
補足ですが洗濯物のにおいを緩和させるには洗濯のすすぎのときに、アロマオイルを1〜2滴たらしてみると匂いが緩和されると思いますので是非試してみてくださいね。

しかし、部屋の中に干せずにどうしても外に干さなければ無理!と言う人もいるはずです。その場合ですが、洗濯物を取り込むときに充分に花粉を払い落としてから家の中に取り込むようにすれば大丈夫だと思います。さらに最近では花粉ガードスプレーというようなものも市販されていますので使ってみてはいかがでしょうか?

洗濯物を室内に干す場合ですが、できれば除湿機(最近では洗濯乾燥機能付きのものもあります。)を置いた部屋に干していただければ、カビも発生しにくくなるし匂いもつきにくくなると思いますのでいいと思います。


花粉症予防

花粉症の予防として使う注射


花粉症の季節になってくると、鼻や目がむずむずしたりするのを抑えるためにお医者様から処方してもらった薬を朝晩、毎日飲んでいると言う方が多いと思います。しかし、実際には飲み忘れてしまう事が多かったり、薬が切れてしまっても病院に行くのが面倒でしばらく薬なしの生活になってしまったりといった状況になってしまう方も少なくないと思います。

そう行った状況になってしまうのが多い人の場合は、薬を処方してもらうより花粉症を予防するための注射を打ってもらったほうがいいのではないかと考える人も多いと思います。

そういった注射ですが、種類が何種類かあって花粉症に効果があると言うことも報告されているようです。注射の種類ですが以下のようなものがあると言われています。
・減感作療法
・免疫療法(皮内注射)
・ヒスタミン添加免疫グロブリン(筋肉内注射)
・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)
・副腎皮質ホルモン(筋肉内注射)
です。

この中でも最も効果があるとされているのは筋肉注射である副腎皮質ホルモンという注射です。

しかし、副作用の問題とかがあるために、注射のほかに花粉症を予防するための治療と言うのがたくさんあるため、注射を行うことはあまりないようなのです。

それに効果も1ヶ月ほどしか持続しないようです。しかし毎日薬を飲むことに比べたら断然楽ですよね。
文章だけで見てみるとものすごく便利な予防法に見えますが、副作用や他の病気との兼ね合いからもすぐに手を出さないほうがいいというのが正直なところのようです。

でも、是非やってみてもらいたいという人は医師の診断を受けたうえでやったほうがいいのではないかと思います。

花粉症予防

花粉症対策に体質改善を!



花粉症って突然発症したりしますよね。今までは花粉が舞い散る季節になってもなんの関係も無くすごしていたのに、今年に限ってなんか鼻がムズムズしたり、目がかゆかったり、くしゃみが出たり・・・。気づいたら花粉症になっていた!という人って結構いると思います。

なぜ、何もしてないのに突然花粉症になったりしてしまうのでしょうか?

たぶん、体質というのが大いに関係しているのではないかと思います。抵抗力がなかったり、食生活が偏食だったり、疲れやすかったりというような体質の人は花粉症になりやすいという傾向があります。これを元にすると、こういった体質を改善していくことが花粉症の予防、改善に繋がっていくのではないかと思います。

身体に抵抗力をつけると言うことは、花粉症の改善だけでなく自律神経のバランスもよくなったりして精神的に安定してきたりします。体質が改善されると、身体の中の免疫力も正常になってくるため、花粉などのアレルギー物質に過剰反応しない身体になってきます。

このためには、バランスが良い食生活、規則正しい生活を実践していき、バランスが良い身体つくりをしていくことが重要となります。

健康な身体というのは、花粉だけでなく病気も寄り付かないようにしてくれます。しかし、体質改善も自己流で行って間違った方向に行くと逆効果になる場合もありますので、専門医に見せた上で自分にあった体質改善方法を見つけるようにすることをおすすめします。

花粉症予防

花粉症対策を食事からしよう!



花粉症というのはアレルギー症状が身体にでている状態です。この症状を改善するためにはまずアレルギーの症状が出ないような抵抗力がある身体を作ることが大切なことだと思います。

それでは、抵抗力がある身体を作るにはどうしたらいいのでしょうか?身体を作るために必要な最も基礎的なものは食事です。これを機会に食生活を見直すことから初めてみませんか?

食事と言うのはバランスよく、規則正しい時間に取ることが大切です。食生活のバランスの理想は一日30品目以上摂取することです。30品目が無理でも出来るだけ多くの品目を摂取するように心がけることが大切です。
また、体内の消化活動が毎日規則正しく動くように、決まった時間に食事をとることが理想的です。

日本人には日本人にあった食事があります。出来るだけ和食を食べたほうがいいと思います。食品添加物が多く含まれているインスタント食品などは避けるようにしたほうがいいですし、甘いもの、辛いもの、冷たいもの、アルコールなども控えたほうがいいと思います。

また、肉・卵・乳製品などを摂取しすぎると花粉症になる確率が高くなると言われていますのでなるべくなら適度な摂取を心がけるようにしてください。

花粉症に効果がある食事でお勧めのものは、身体が温まるような食事です。
穀類や、豆類、芋類など、また調味料は自然のもの、砂糖などは蜂蜜など、昔から日本人が摂取してきたような食材を摂取するのがいいと思います。

花粉症予防

花粉症による鼻対策



花粉症の時期になると鼻水が出て止まらなかったり、鼻がむずむずして仕方なかったり、鼻をかんでもすっきりしなくて常時鼻づまり状態になってしまったりすると思います。そんな状態が続くとイライラしてしまうし、精神的にも落ち着かなくなったりしてすごく辛いものだと思います。

花粉症の症状が鼻に来ている人が通常行っている対策法としたら、花粉症専用の鼻スプレーを使ったり、病院から点鼻薬という薬を処方してもらって使ったりしているのが一般的だと思います。

しかし、病院から処方される薬と言うのは花粉症に限らず量が決まっていますので短期間でなくなってしまいますので、何度も病院にいかなくてはなりません。鼻スプレーも薬局などでその都度買いに行かなくてはならないので面倒ですよね。

そこで、お家にあるものだけで手軽にお金をかけずに実行できる方法があります。「鼻うがい」という方法です。
下記にやり方をご紹介しますので実践してみてください。

【鼻うがいのやり方:初めての人】
1.コップにぬるま湯を入れて、塩をひとつまみ入れよく溶かします。
2.鼻を片方手で抑え、逆側の鼻から先ほど作った塩水を吸い込みます。
3.力を入れず自然に鼻から塩水が流れ落ちるようにします。
4.上記1〜3を1〜2回繰り返し逆側の鼻も同じように行います。
5.最後に鼻をかみます。

【鼻うがいのやり方:慣れた人】
1.初めての人で紹介した1〜2を行います。
2.鼻から吸い込んだ水を口の中へ流し込むようにします。この時顔を上に上げて吸い込むと口の中に入るようになります。
3.そのまま口から塩水を出します。
4.上記1〜3を2〜3回繰り返し逆側の鼻も同じように行います。
5.最後に鼻をかみます。

以上、簡単ですよね。鼻うがいは痛くないし、やった後の爽快感がたまらないと思いますので是非試してみてくださいね。





花粉症予防

トマトで花粉症対策



花粉症を対策する商品には実に様々なものがでています。その中のひとつに「トマト」を使った商品が出ているのを知っていますか?
主にサプリメントやドリンク剤として売っているのですが、この中にはトマトケチャップやトマトジュースなどを作るのに多く使われている品種の皮に主に多く含まれている成分の「ナリンゲニンカルコン」というポリフェノールの一種の成分が含まれています。

通常この商品がお店にあったら「トマトは花粉症に効く」って思って生のトマトを毎日のように食べればいいんだって思う人がいると思います。
上記のようにトマトジュースなどを作るのに主に使われているトマトの品種の皮に含まれている成分というのが、生のトマトにはほとんど含まれていないのです。ですから毎日トマトを食べたとしても花粉症対策には効果がほとんど無いということになりますので、認識しておいたほうがいいと思います。

また、ごく稀にですが口腔アレルギー症候群という病気になる人がいます。この病気の症状には個人差がありますが、その人にとっての特定の果物や野菜などを食べたときに、口の中やのどにかゆみがでたり、腫れてしまったりなどの違和感が出てしまうと言うアレルギー症状です。

このアレルギーによる症状は上記の症状だけではなく、ひどい場合は呼吸困難やショック状態などの症状を引き起こすこともあります。一般的に多くこの症状が出てしまう食べ物としてはトマトやメロン、キウイなどがあり、実に様々にあります。

ですから、花粉の時期にトマトを摂取するのならば生よりはトマトジュースなどを飲んだほうが手軽に飲めるしいいと思います。

花粉症予防

お茶を使って花粉症対策をしよう!


甜茶を代表するように花粉症に効果があるお茶と言うのが様々でていますよね。確かに甜茶には花粉症の症状を緩和させてくれる効果がありますが、すべての種類の甜茶が効果を発揮するものではありません。甜茶には種類がたくさんあり、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科、バラ科の4種類に分けられます。このすべての種類が花粉症に効果があるという訳ではなく、タンニン(ポリフェノール)という成分を含んでいるバラ科の甜茶に効果があると言われています。その中でも「「甜葉懸鈎子(かんようけんこうし)」というバラ科のキイチゴ属の物が効果的とされていますので是非一度試してみることをお勧めします。

このように、甜茶を花粉症対策の方法として使用するときにはきちんと成分を確かめて購入するようにしてください。

また、最近では甜茶のほかにも花粉症対策に効果があると言われているお茶がたくさんありますのでご紹介します。

・ウーロン茶
 ウーロン茶の中でも「メチル化カテキン」という成分が含まれている物に効果があります。この成分はアレルギーの緩和作用が強力にあると言われています。代表的な物としては「凍頂烏龍茶」という種類のものがあります。

・べにふうき
 このお茶の成分にはカテキンの一種である通称メチルカテキンと言われている抗アレルギー成分が入っていて、アレルギー症状にとても有効であると言われています。このお茶は渋味が強いと言う特徴があります。今ではペットボトルのお茶で市販されているのでコンビニなどで手軽に購入することができます。

以上、色々あげてみましたが、どれも即効性が期待できるものではありません。長期的に摂取し、徐々に効果が現れるのを待ちましょう。自分に合うお茶を見つけ花粉症対策ができるようにしましょう。

花粉症予防

花粉症対策



日差しが暖かくなってくると、注意しなくてはならないのが「花粉症」ですよね。花粉症の症状と言うのは本当に辛いものです。その辛い花粉症に効果がある対策などを少しご紹介しますので参考にしてみてください。

【天気が良い日・風が吹いている日の外出は控えるようにする】
花粉と言うのは空気中をまっているものです。特に風がある日なんかは多くの花粉が空気中にまってしまいます。専業主婦の方など、家にいる日が多いと言う方で外に買い物などに出かける場合ですが、風がある日や天気がいい日などは外出を控えたほうがいいと思います。

また、外出しなくてはいけない場合はメガネやマスクなど鼻や口・目から花粉が入らないように自己防御するようにする事をお勧めします。

【家の中へ花粉を入れないようにする】
家の中にまで花粉を入れてしまっては元も子もありません。どうしてもという時以外は窓を開けないようにして家の中に花粉が入らないようにしましょう。それでも花粉が入ってしまったら、塗れた雑巾で拭くなど花粉が再度家の中で舞い散らないようにしましょう。更に家の中の空気を換気するときは、天気のいい日の昼間は避け、夜換気するようにすれば花粉が少なくていいと思います。

【家の中で洗濯物を干すようにする】
花粉が多い時期に外に洗濯物を干したり布団を干したりすると花粉がくっついてしまい、家の中に取り込むときに花粉を一緒に入れてしまう事になります。できるだけ外に干さないように中で干したり、布団は乾燥機を使ったりするなど工夫しましょう。また外に干した場合は取り込むときに十分に花粉を払ってから取り込むようにしましょう。

花粉症予防

花粉症の症状

都心部では、早ければ1月頃から、春先にかけて花粉症の症状が出てきますよね。花粉症の症状と言うものは本当に辛い症状です。

花粉症の主な症状には以下のようなものがあります。

【鼻】
急に鼻がむずむずして、くしゃみをしたくなったり、くしゃみをしても立て続けに出て止まらなかったりします。また鼻水(特に水のような水っぱな)が出て常に鼻が詰まっているような状況で、夜も眠れなくなるような感じになってイライラしたりします。

【目】
目の主な症状は、目がどうしようもないくらいかゆくなったり、ゴミがいつでも入っているようにゴロゴロしたり、花粉で涙が出てしまって止まらなくなるとかと言うような症状が出ます。
鼻と目の症状は、だいたい同時に起こる場合が多い症状ですので辛さは倍になりますよね。

【その他】
花粉症の症状と言うのは個人差がありますが、身体にかゆみが出てくる人もいたり、顔や身体がピリピリしたりする場合もあります。また、頭痛がおきたりする人もいます。


このように、花粉症の症状が常時出ている場合は、集中力が低下してしまって仕事などがろくに出来なくなったりしますよね。
また、花粉症の症状は風邪によく似ているために、放っておけば治ると思い込んでいる人もいます。

花粉症はアレルギーの一種です。花粉にはスギ・ヒノキ・ブタクサ・ヨモギなどが主に知られています。花粉症の対策にはきちんとした処置や対応をするようにした方がいいと思います。



花粉症予防

家の中での花粉症対策



花粉症というのは辛い症状ですよね。花粉症を悪化させないために、ここではお家の中で出来る花粉症の対策をご紹介したいと思いますので参考にしてください。

【窓を閉めて花粉が入らないようにする】
花粉症が発生する時期では、天気が晴れていると花粉が大量に発散しています。お家にいる主婦の方も洗濯物を干すのに外で干したいって思うでしょうが、風が多い日は花粉が外中舞っていて、洗濯物にもついてしまってそのまま家の中に入れてしまう事になってしまいます。また、家の窓を開けて空気の入れ替えをしようとしても、窓から花粉が家の中に入ってきてしまいます。
これでは、家の中も、外と同じ状態になってしまいます。布団を干す場合は布団乾燥機を使ったりするなど、出来るだけ窓を開ける時間帯を少なくなるようにしましょう。

【掃除は水拭きを忘れずに】
花粉が家の中にある場合は、掃除機をかけてしまうと花粉が舞ってしまいます。できれば雑巾を濡らして拭くか水拭き用のクイックルワイパーを使うなど、花粉をしっかりと拭き取るような掃除方法にしましょう。

【帰宅時】
外から帰宅してきた場合ですが、服などに花粉がついていると思いますので、外で花粉をよく落としてから家の中に入るようにしましょう。

さらに、鼻の粘膜などに花粉が残っていてはムズムズしてしまって仕方ないですよね。帰ったらうがいや、出来ればシャワーを浴びるなどして花粉を出来るだけ家の中に入れないようにしましょう。


タグ:花粉症

花粉症予防

花粉症を悪化させないためには!

花粉症を悪化させないためには!


花粉症というと、都会病と言われていますよね。年々花粉の量は増しているみたいで田舎から出てきた人でも花粉症にかかってしまう人が多くなってきています。
できれば花粉症にはなりたくないですよね。

花粉症を悪化させないためには、まず花粉症によくないものというのを把握してみるのがいいと思います。花粉症によくないものとしてはまず鼻の粘膜を刺激するものを控えるようにしたほうがいいと思います。では、鼻の粘膜を刺激するものとはいったいどういうものがあるのでしょうか?一番初めに思いつくものとしては「タバコ」です。タバコは「百害あって一利なし」といわれているように、花粉症になりかけの花粉で鼻の粘膜が敏感になっているところに煙で刺激をしてしまって症状を更に悪化させてしまう原因となってしまう可能性があります。

また、唐辛子やコショウなどの刺激が強い香辛料、アルコールを多量に摂取しすぎる事も鼻の粘膜を刺激してしまうので、控えた方がいいと思います。

次に食事に関してですが、花粉症にはカルシウムを摂取することが良いとされていますが、サプリメントなどで過剰に摂取する必要はありません。通常の食事で十分ですのであまり神経質にならないようにしてください。

また、花粉症にはヒスタミンという成分が含まれている食べ物は花粉症の症状を悪化させる可能性があるので、出来れば避けたほうがいいとされていますので注意してください。ヒスタミンが含まれている食品というのはほうれん草やトマト、ナスなどです。

花粉症を悪化させないために、バランスよい食事をとり、刺激物をあまり取り過ぎないように注意するようにしましょう。
タグ: 花粉症

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。